【グラブル】風マグナ・アルバハHL攻略編成立ち回りまとめ

十天衆シエテを筆頭にアルバハHLでは火力が出やすい風属性。風マグナ編成は武器も簡単集めやすく、無課金編成でも火力が出るのが魅力的です。今回は風マグナ編成のアルバハHLオススメ編成キャラや、実際の立ち回り例の攻略などをご紹介します。

スポンサーリンク


アルバハHLでの風属性(マグナ)編成

アルバハHL攻略において風属性は火力が出やすく、MVPが取りやすい属性です。

風マグナ編成では背水を軸にプレイするので自然とHPの減るアルバハHLでは火力が伸びやすいです。

更にシエテ、ニオ、レナの編成なら安定しやすく、HPが少なくても、きちんと使いこなす事が出来れば安定プレイも可能です。

ですが全属性中一番HPが低くなりやすいので、慣れていないと早々に全滅してしまう事もあります。

ある程度アルバハHLに慣れている人ならおすすめできますが、アルバハHL初心者にはあまりおすすめできません。

特に野良共闘部屋では、風属性はデバフなどがない属性なので火力が出せないと役割を果たせない属性です。

それをあらかじめ把握した上で参加するようにしましょう。

HPと攻撃力はどれくらいあればいい?

f:id:kei814lov:20180508200139j:plain
よくアルバハHLに慣れるまではHPは主人公が30000以上、その他のキャラが25000以上が理想と言われていますが、風マグナ編成では難しいです。

守護の付いているティア斧やティア槍を入れればHPは盛れますが、火力が出にくいです。

召喚石の組み合わせはもちろんティアマトマグナxグリームニルです。

スポンサーリンク


【風属性】アルバハHLおすすめキャラ編成

シエテ

f:id:kei814lov:20180508194325p:plain:w400
アタッカー

シエテは3アビのフルチェと4アビのフルチェで高火力を出すのが強みです。

1アビは剣光効果を自分に付与します。最終してると2ずつ溜まります。3アビの為だけではなくDATA攻防があがるので便利です。

2アビは30%奥義ゲージが増やせるので奥義ずらしや、逆にフルチェインにするなど多彩に使用できます。

3アビは剣光3消費して即奥義発動。

4アビは剣光3以上の時に味方全体の奥義ダメージ150%UPと奥義ダメージ上限90%UP、味方全体が即時奥義発動です。

最終解放されると奥義を打つ度に無敵が付くのでダメージを貰いにくくもなります。

4アビの使い所は基本的に15~11%辺りです。

ニオ

f:id:kei814lov:20180508194345p:plain:w400
バッファー

1アビの昏睡はニオの特徴の1つで自分だけ昏睡が切れなければ相手が動けずに殴れます(トリガーは優先される)

2アビで連撃+攻撃+防御アップと破格の性能をしており、更に別枠で攻撃+連撃アップと30%以降でも腐らないアビリティがとても強いです。

調律状態の敵から受けるダメージを減らしたり、3アビではバリアも付くので味方の生存能力がぐっとあがります。

4アビは味方全体のトリプル確定と追撃50%なので、かなり火力が出ます。

レナ

f:id:kei814lov:20180508201612p:plain:w400
ヒーラー

1アビは相手に毒効果とダメージを与えます。最終解放していれば毒がトリガーになりレナの耐久度があがります。

2アビは使用間隔6ターンですが回復+クリアとかなり高性能になっています。

3アビはクリア効果です。使用間隔が3ターンなのも使いやすいです。

4アビはリキャストが20ターンと長いですが、必ずHPMAXで復活するリヴァイヴの上位互換になっています。

自分で2枚クリアを持っている事と、絶対に生き返らせれる4アビが特徴的です。

風属性で安定感を取る場合このキャラは外せないキャラです。

アンチラ

f:id:kei814lov:20180508202016p:plain:w400
ヒーラー・バッファー

1アビは味方全回復+参戦者1000回復。ただしデメリットで防御デバフが付くので注意。

2アビは味方単体にバリア効果と敵対心アップ。

3アビは使用すると味方のステが徐々に変わっていきます。

アルバハHLでは1アビの味方全回復と2アビの敵対心アップがメインの運用方法になります。

75%で交代し、50直前に全回復、その後敵対心アップでシリウスを受けて貰うのがこのキャラの役割です。

浴衣ジークフリート

f:id:kei814lov:20180508202620p:plain:w400
アタッカー・デバッファー

1アビは敵にダメージ+風属性デバフ。奥義発動で2回効果が発動するので便利です。

2アビは敵にダメージ&クリティカルアップ。

3アビは自分の防御アップと敵対心アップ、カウンターです。基本的にこれでシリウスを受ける形になります。

属性デバフと敵対心アップが特徴的です。

属性デバフはアルバハHLではどこでも有効なので非常に優秀なキャラになっています。

3アビは敵対心がアップしますが、アビリティだけでは確定しないので必ずLBを振りましょう。

水着クロエ(Rでも可)

f:id:kei814lov:20180508203020p:plain:w400
特殊

水着クロエの役割は必ずニオを70%の時に出す為の2アビです。

それ以外のアビリティは基本使いません。なのでRのクロエでも交代は出来るのでRでも大丈夫です。

水着の場合はサポアビに土属性ダメージ軽減がついているのでちょっとお得です。

それ以外のキャラは?

風マグナ編成はかなりキャラが絞られるので、上記以外のキャラでは難しいです。

低HPで戦う事が余儀なくされるのでレナは抜けず、安定を取るなら敵対心コントロールできるアンチラorジークフリートは抜けません。

十天衆は最終解放していないとダメ?

f:id:kei814lov:20180509141146j:plain:w400

シエテもニオも最終前と最終後で使用感はあまり変わりませんが、効果値がかなり変わります。

シエテは特に2アビの奥義ゲージ30%アップと奥義後無敵、4アビの性能が特徴的です。

アルバハではこの4アビの瞬間火力が重要な役割になるので、必ず最終解放しましょう。

ニオは2アビの性能が大きく上方され、4アビのTAUP&追撃が増えるので強力です。

1アビの昏睡の性能自体は変わらないので、使おうと思えば最終前でも70~50区間の昏睡は使えます。

ですが最終していないと2アビの特性上攻防30%UP/DAUPが通常枠の為、DAUPしか残らず腐ってしまいます。

最終解放すると覚える別枠の風属性キャラを特殊強化(攻撃UP/連続攻撃確率UP)が非常に優秀です。

風マグナ編成でのアルバハの役割は火力なので、十天衆が二人共最終してない場合は火力貢献ができず役割を果たす事ができません。

必ず二人共最終解放してからアルバハHLに参加しましょう。

アルバハHLでの風の役割

火力の一言です。

トールを打つタイミングは30%がおすすめです。

他に担当者がいなければ10%を担当しますが、余り機会はないでしょう。

野良の共闘部屋での注意点

シエテの4アビの注意点は、火力が一気に出すぎてしまいファランクスが回らず失敗してしまうケースがあることです。

慣れていない人が多いか、貢献度や参戦者のランクを見つつ、注意しましょう。

4アビ後に自分でファランクスが打てれば安定しやすいです。

逆にメリットは風1人が飛ばす事によって、破局のトリガーをスルーできるので相手に特殊バフがつかない点です。

これはディスペル以外では解除できないので参戦者全員が非常に楽になります。

一長一短なので、事前に周りと相談したり、確認するようにした方が安定します。

アルバハHL【風】オススメキャラ編成

風マグナ編成のオススメキャラ編成の一例をご紹介します。
f:id:kei814lov:20180508204109j:plain:w400

フロントにニオ、シエテ、レナ、サブにクロエ、アンチラです。

順番がシエテよりもニオが先なのは、確実に70%でクロエとニオを交代して戦いたいからです。

アルバハHLの詳しい立ち回り、攻略は【こちら】からどうぞ

ゼピュロス編成とマグナ編成

風マグナ編成は武器が非常に集めやすく、アルバハHLでは銃染めでもいいので非常に簡単です。

火力も高いのですが、バハ武器でしかHPを盛ることができないのが欠点になっています。

風神石ゼピュロス編成ではHPも盛れ、リミ武器が複数本必要になりますが火力も出ます。

自分のできる範囲で風はどちらの編成にするのか決めると良いでしょう。

おすすめ召喚石

召喚石
画像
オススメ度
召喚効果
トール f:id:kei814lov:20180108132133p:plain:w150
必須
召喚:敵全体に攻撃/防御DOWN40%、弱体耐性DOWN20%に連続攻撃確率DOWNを180秒間付与
シヴァ f:id:kei814lov:20180618215344p:plain:w150
★5
召喚:敵全体に火属性ダメージ(特大)/味方全体の攻撃大幅UP(1回)/再召喚不可
アテナ f:id:kei814lov:20180108131708p:plain:w150
★5
召喚:敵全体の火属性ダメージ(特大)/全属性ダメージ30%カット(1T)/4凸時、再生効果(3T)。
カグヤ f:id:kei814lov:20180618215547p:plain:w150
★5
召喚:敵全体に水属性ダメージ(特大)/味方全体の奥義ダメージ・ダメージ上限UP
バイヴカハ f:id:kei814lov:20180508204421p:plain:w150
★4
召喚:敵全体に風属性ダメージ(特大)/味方全体の風属性攻撃UP(30% 3凸 50% 4凸 70%)/土属性ダメージカット(30% 3凸 50% 4凸 60%)
フレイ f:id:kei814lov:20180618215738p:plain:w150
★4
召喚:味方全体の攻撃性能UP/防御性能UP/奥義ダメージUP/チェインバースト性能UP/弱体成功率UP /再召喚不可(2T)

トールは必須と上記で書いてありますが、全員で3枚以上持っていれば大丈夫です。
他にもダメージカット用に各種カーバンクルを入れるのもおすすめです。

スポンサーリンク


アルバハHL【風マグナ編成】立ち回りスパルタ編

f:id:kei814lov:20180413115547p:plain:w400

立ち回り例
役割 30トールの場合
100% ニオ2,3アビ、シエテ1アビ、レナ1アビ
95% ファランクス、周りが遅ければシエテ3アビが切れるので3アビ 通過したらハイ!スタンプ
85% ファランクス+かばう 火属性なので必ずかばうをします。
80% チャージMAXになってなかったら攻撃
75% 土属性攻撃なので、バイヴカハが間に合えは大幅にダメージが軽減できる。グリームニルを使用するのもおすすめ。 基本ファランクスをもらう
70% ファランクス 通過したらハイスタンプ
トール召喚確認後、ニオ1アビで昏睡。
55% 麻痺や昏睡をしてもトリガーが飛んでくる。ファランクス+アテナorグリームニルが安全
かばうは50%になってしまうと主人公が死ぬので使わない。
50% アンチラで敵対心操作。それ以外の場合は高HP維持で通過
45% ファランクス
40% スルー or 高HPで対処
35% ファランクス
30% 1人通過を確認後、トール召喚 最初に通過した人のみデバフの全消去がかかる。味方の強化解除は全員されるので、前後の強化タイミングに注意
28% CTMAXになったら、テュポーンorファランクス
22% シエテ1アビ+ファランクス+アテナ この辺りからシエテ4アビ準備
22~15 バイヴカハなど召喚石とシエテ4アビ準備タイム
15% ファランクス+アテナ or ファランクス+かばう+シエテ以外にセンチュリオン2で3人残るのが確定するので4アビ。
10% ファランクス 通過したらハイスタンプ
10~撃破 トールが召喚されたら殴る。

基本的にスパルタはファランクスを回しながら戦闘していきます。

ゲージMAXの時やトリガーには必ずファランクスをするか、貰うかしましょう。

センチュリオンⅡは主を落としたくない場合や、他のキャラを落としたくない場合などに使います。

リヴァイヴは基本的にキャラを落としたらすぐ使用しましょう。

ただ75%まではクロエとの入れ替えを考えて使わないようにします。

CTが長いのでターンが回ってきた時にキャラが落ちていたら、使うようにしましょう。

22~15%の区間はシエテ4アビ準備時間です。

オメガブラストは最新のアビ5つを消去するので、シエテ1アビの後にファランクスやアテナを使えば剣光を残したまま通過する事が可能です。

その次のターンにバイヴカハ、風カーバンクル、その次のターンにシヴァorカグヤという感じで準備します。

11%で着地できれば破局は打ってきませんし、もし火力がたりなさそうだなと思ったらファランクス+かばう、シエテは奥義で無敵、センチュリオンで残り1人の計3人は破局でも残ります。

メリットとデメリットは上記参照。

【風マグナ編成】アルバハHLおすすめ編成例スパルタ

f:id:kei814lov:20180508205925j:plain:w400

アルバハHL風マグナ編成の一例をご紹介します。

アビリティ構成はリヴァイヴ、センチュリオンⅡ、かばう

序盤のターゲッティングなどはレナが居るので自分で回復出来ます。

メイン武器はオメガ剣。オメガ剣が無い場合は、七星剣を風属性に変えたもの(奥義でダメージカット)や、サジ槍がオススメです。

風マグナ編成の詳しい武器編成についてはこちら【【グラブル】風マグナ理想編成(2018/5月)グリームニル琴、ティア銃、エタラヴ本数まとめ – グラブル初心者まるわかりブログ】の記事をご覧ください。

風マグナアルバハHL攻略編成まとめ

風のアルバハHL攻略の鍵は、十天衆の2人シエテとニオです。

風マグナ編成は十天衆最終解放してるかどうかで、参加できるかどうかが決まります。

風マグナは低HPなのでアルバハHL初心者にはお勧めできません。ある程度アルバハHLに慣れてから挑戦するようにしましょう。